【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

黒木、J2大分U―18へ

本紙掲載日:2015-03-18
13面
大分トリニータU―18に入団する黒木

「夢のプロに一番近い場所」−西階中3年フォルトゥナ延岡

◆パスセンス光るMF

 延岡市西階中3年で、フォルトゥナ延岡FCのMF・黒木樹生(くろぎたつき)が今春、サッカーJ2大分トリニータのU―18に入団する。トリニータのアカデミー(下部組織)は代表クラスの選手を何人も輩出してきた名門。「高校サッカーにも憧れたが、自分の夢はプロサッカー選手。それに一番近い場所で自分の技術がどれだけ通用するか試したい」と抱負を語った。

 南方小から西階中、173センチ、65キロの15歳。3兄弟の末っ子で2人の兄の影響で4歳のころから、近くの西階FCでサッカーに親しんだ。

 小学3、4年のころはFW、5、6年になると攻撃的なMFとして活躍。副主将だったチームでは県大会8強、個人では九州トレセンにも選ばれた。

 中学では「勝負を意識せずに将来のために技術を磨くところ。それで勝てるのも魅力だった」と、兄も通ったフォルトゥナに入った。

 2年生の時からレギュラーとなり、ボランチやトップ下として活躍。県大会優勝に貢献し、3年時は主将を務め、小学校に続き県選抜にも選ばれた。

 チームのスクールで小学2年生のころから指導してきたフォルトゥナの清水則吉代表は「もともとパスセンスがあり、中学でドリブルを磨いて、Jチームからも注目されるような選手になった」。

 本人は「小学時代(西階FC)つらいときに頑張る気持ちを植え付けてもらい、中学でキープ力など技術を学んだ。視野の広さを生かしたスルーパスには自信があり、ドリブル突破も意識してきた」とプレースタイルを語る。

 現在、中学のトップクラスは、選手権など華やかな舞台のある高校サッカーと、Jの下部組織の二択で迷うケースが多い。

 黒木も多くの誘いを受け、高校サッカーへの思いもあったが、最終的には「プロになる」という夢から決断に至った。

 「90分からハードワークができる運動量と、まだ線が細いので筋力を付けること」とフィジカルを今後の課題に。また、「フォルトゥナは個人技重視で、トリニータは組織的なサッカー。真逆のスタイルだが、その中で注意されたことは素直に受け入れつつ、それをアレンジして、自分のスタイルを出していければ」と将来を描く。

 「まずはプロになること。Jリーグで力を付け、スペインなど海外のリーグに行きたいし、ワールドカップ優勝も目標」と夢を広げ、「これまで指導してくれた人たちに恩返しし、親孝行もできれば」と熱く語っていた。

その他の記事/過去の記事
page-top