【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

大松達知さん「ゆりかごのうた」

本紙掲載日:2014-10-22
1面
大松達知さん

第19回若山牧水賞−来年2月9日、宮崎市で表彰式

 若山牧水賞運営委員会(委員長・河野知事)は10月22日、第19回若山牧水賞に歌人の大松達知さん(43)=(おおまつ・たつはる)東京都在住=を選んだと発表した。受賞作品は歌集「ゆりかごのうた」(六花書林発行、平成26年5月刊)。授賞式は来年2月9日に宮崎市で行う。

 河野知事と選考委員で歌人の佐佐木幸綱氏、高野公彦氏、馬場あき子氏、伊藤一彦氏が県庁で会見し、選考の経緯や受賞作品の内容について説明した。

 大松さんは東京都出身。上智大学外国語学部卒業後、平成4年から1年間、米ウイスコンシン州立大学に留学した。現在は都内の私立男子中学・高校に勤務している。同2年に歌誌「コスモス」に入会し、桐の花賞、コスモス賞などを受賞。現代歌人協会会員。主な作品は歌集「フリカティブ」「スクールナイト」「アスタリスク」。

 作品は第4歌集として今年5月発行。佐佐木氏は「都会の生活の中で生まれた新しい叙情がこの歌の基本だ」、高野氏は「〃イクメン〃という言葉で表すのがふさわしいだろう」、馬場氏は「妻や子どもへの生真面目な愛情」、伊藤氏は「温かいユーモア、言葉に対するこだわりが背後にあっていい歌が生まれている」などと講評した。

 授賞式は来年2月9日午後3時から宮崎観光ホテルで開き、午後5時30分から同ホテルで祝賀会を行う。大松さんは翌10日午前に延岡、日向地区の高校に訪問し、午後は日向市内(会場未定)で受賞者記念講演を行う予定。

 賞は、日向市東郷町坪谷に生まれ、日本短歌史に偉大な足跡を残した若山牧水の業績を顕彰し、短歌文学界の発展に貢献することを目的に平成8年に創設された。全国の有力歌人にアンケートを行い、上位に選ばれた歌集を審議した。

【大松達知さんのコメント】
大きな賞のお知らせに驚いています。かつて牧水記念館や牧水生家を訪ねたこともあり、その作品からも厳しく優しい祖父のような印象を持っておりました。その名前がつく賞をいただいたということは、もっともっと大きな歌を作りなさいとの牧水からの言葉だと感じています。これからも賞の名に恥じないように努力したいと思います。

その他の記事/過去の記事
page-top