【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

敗戦にも成長実感−延岡学園

本紙掲載日:2013-01-29
9面
ジュニアオールスタードリームマッチでの活躍を誓う山形(左)と浮島

県高校新人バレーボール大会・クローズアップ

◆春高で学んだ粘り見せる

 延岡学園は2年連続の準優勝。佐藤美智雄監督は「上出来。先行されても粘って戦えた。大舞台を踏んでチームがたくましく成長している」。春高から約2週間での仕上がりに納得の表情だった。

 1、2年生中心で今月初旬にあった全日本高校選手権大会(春高バレー)に県代表として出場したチーム。初戦で準優勝した誠英(山口)に敗れたが、多くのことを学んできた。

 準決勝、決勝ともに県内のライバルに1セット先行を許す。しかし、「春高で1本(のプレー)に対する粘りを学んだ」と山形理沙子主将。準決勝は追い越して逆転した。

 決勝もセッターの山形が要所で巧みにツーアタックを決めれば、1年生エースの浮島杏加子は「今まではがむしゃらに打っていたが、強弱を付けられるようになってきた」。フェイントも交え加点。佐藤監督が「エースらしくなってきた」とうなずく活躍で、あと一歩まで追い詰めた。

 「レシーブから攻撃につなげる自分たちのバレーはできた」と充実した表情の選手たち。浮島は「もう都商には負けられない。自分たちに厳しく練習をしていく」。山形は「春高で全国8強以上に行けるように、インターハイから積み上げていきたい」と大きな目標を掲げていた。

 昨年も今大会、高校総体とも決勝で都城商に敗れながら、最後の春高で優勝。それだけに佐藤監督は「このまま1戦1戦経験を積めば、今年の3年生を越えてくれるだろう」と楽しみにしていた。


◆延学から山形と浮島−ジュニアオールスター出場へ

 第10回全日本ジュニアオールスタードリームマッチ(2月22、23日、大阪)に、延岡学園から山形理沙子(2年)と浮島杏加子(1年)が選ばれた。

 同大会は日本バレーボール協会などが主催。将来の全日本、Vリーグ選手を育てることを目的に、全国の高校1、2年生男女各24人を選び、男女別に東西など計4チームでリーグ戦を行う。

 171センチの大型セッター山形は2年連続の出場。「昨年はチームで優勝できた。今年も優勝を目指し、個人的にもアピールしたい」。全日本ユース代表でもある浮島は173センチのサウスポー。「プレーも声も自分のできることを思い切り見せたい」と意気込んでいた。

その他の記事/過去の記事
page-top