【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

気持ち新たに、夢舞台へ−プロ野球

本紙掲載日:2012-01-06
9面
キャッチボールをする田原誠次選手(12月30日、聖心ウルスラ学園高野球部グラウンド)

「開幕1軍目指す」−巨人・田原誠次投手(延岡出身)に聞く

 昨年10月のプロ野球ドラフト会議で、東京読売巨人軍から7位指名を受けた延岡市出身の田原誠次投手(22)=聖心ウルスラ学園高―三菱自動車倉敷オーシャンズ=。昨年末に帰省し、延岡市内で同級生や関係者から祝福、激励を受けたほか、母校のグラウンドで汗を流した。「サイドスローという投げ方自体が武器」と語る田原投手は、「子どもたちに夢を与えられるような選手になりたい」と意気込む。伝統チームの一員として、プロの世界に飛び込む今の心境を聞いた。

−−今の心境は

 ドラフトで指名されてからゆっくりできる時間がなかった。最近になってようやく落ち着いてきたので、ホッとしているのが本音。プロの選手になったという実感は全くなかったが、ファンフェスタでファンを前にスピーチをしたときや有名な巨人の選手に会ったとき、「巨人に行くんやな」と感じた。

−−ドラフト当日は

 チームメートはドラフトのテレビ中継を見ていたようだったが、私は選ばれると思っていなかったので来年に向けて練習していた。監督からの知らせで初めて知り、その時はびっくりしたし、うれしかった。チームメートからは「良かったな」「頑張れ」「楽しめ」という声をもらった。野球部の関係者からは「お前が抜けたらチームがどうなるかも考えてくれよ」と言われ少し悩んだが、監督が「何も気にせず自分の思うようにしろ」と言ってくれたのでプロに行こうと思った。

−−周りの反応は

 職場の人は野球部よりも驚いていた。中学校や高校の友達からも「おめでとう」などと連絡をもらったが、大騒ぎするほどではなかった。

−−ここまでの野球人生を振り返って

 高校2年の時に石田監督のアドバイスで内野手から投手に転向したのが全て。投手になっていなければ、高校で野球をやめていたと思う。高校2年の冬を越えて球速が10キロ近く上がり、3年の時には上でやれるかなという感じはあった。社会人野球の三菱自動車倉敷オーシャンズに入部してからは、自分で練習を考えて腹筋や背筋など体幹を意識したトレーニングを中心に頑張ってきた。

 社会人2年目の京都大会での日本生命戦は忘れられない。先発に自信がなかった中で、監督から「お前しかいない」と信頼されての起用。一番緊張したし、一番思いっきり投げられた。結果チームは負けてしまったが、7回途中1失点で投げることができた。あの試合をきっかけに大きく成長できたと思う。

◆「サイドスロー自体が武器」

−−売り、持ち味は

 サイドスローという投げ方自体が武器。これを生かしていけたらと思う。コントロールはもちろん、内野手をしていたのでフィールディングや牽制(けんせい)にも自信がある。打たせて取るタイプなので、緩急をうまく使っていきたい。

−−シーズン1年目の抱負を

 7位指名だったが、プロの世界に入ったからには、順位は関係ない。1、2位の選手に負けるつもりもないし、逆に思いっきり頑張れる。焦らず自分のペースでけがをしないように開幕1軍を目指したい。

−−巨人入団について

 個々の能力が一番高いチームだと思う。その中で自分が割って入って、優勝に関わることができたらうれしい。また、私と同じサイドスローで大成した斎藤雅樹ピッチングコーチもいる。どういうボールで抑えてきたかなど、体験談やプロで生きていくすべを聞けたらと思う。

−−プロ野球選手としての抱負は

 子どもたちに夢を与えられるような選手になりたい。

−−応援してくれる県北の人たちに一言

 みなさんの応援が力になります。活躍できるように頑張りますので、応援をよろしくお願いします。


【田原誠次(たはら・せいじ)】
1989年9月2日、延岡市昭和町生まれ。岡富小3年の時、若竹ソフトボールクラブに入部。岡富中では軟式野球部に所属した。聖心ウルスラ学園高では野球部に内野手として入部したが、2年生の時に石田敏英監督の助言で投手に転向。卒業後、社会人野球部の三菱自動車倉敷オーシャンズに入社し、1年目から公式戦に登板、2年目から主戦としてチームを引っ張る。4年目には柏和ビクトリーズ(広島)の補強選手として第82回都市対抗野球大会に出場した。右投げ左打ち。横手から繰り出す最速143キロの直球とカーブ、スライダー、チェンジアップで打者を打ち取る技巧派。178センチ、72キロ。

その他の記事/過去の記事
page-top