【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 300円
▽LL サイズ 1枚 500円
▽A4 サイズ 1枚 1,200円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は500円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 300円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 500円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 1,200円
(ラミネート加工は300円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

県北・道の駅で春のイベント

本紙掲載日:2024-03-23
3面
道の駅「日向」の「春の周年祭」
北川はゆまの「春のパンフェスティバル」

◆24日・特産品やスイーツなど販売−道の駅「とうごう」

 今年4月にリニューアルオープンから10年を迎える道の駅「とうごう」の詩季彩前駐車場で24日、「327フェア〜みんながにっこりにじいろ笑顔」がある。時間は午前10時〜午後3時。主催は同道の駅出荷者協議会。

 地域の特産品・物産品のほか、福袋や国道327号にちなんだ「327商品」を販売。手打ちそばセット2人前が100セット限定で327円で購入できる。

 また、「たくさんの味をシェアしてもらいたい」と、おはぎや団子、まんじゅう、いちご大福など1個ばら売りの春のスイーツバイキングも行われる。

 会場では、子どもを対象に水鉄砲作りやバルーンアートの体験ブースが設けられ、作った水鉄砲でミニゲームを楽しむことができる。問い合わせは同協議会(籠向68・3072)。

◆にぎやかに21周年−道の駅「日向」

 日向市幸脇の道の駅「日向」で23日、「春の周年祭」が始まった。24日までお楽しみ抽選会などが行われている。主催は、道の駅「日向」物産館出荷者協議会(黒木和之会長)。

 2003年2月に開業し、今年で21周年。初日の23日は、開店時間の午前9時に十五夜太鼓の勇壮な和太鼓演奏で幕開き。

 トマトやニンジンなど野菜の詰め放題(500円)、マリーゴルド、ペチュニアなど花の苗プレゼント(先着50人)のコーナーがあり、行列ができるほどにぎわった。

 今回は市防災推進課の協力で、初めて防災イベントも開催。おにぎりやクッキーなど備蓄非常食を配布したほか、炊き出しでリゾットと牧水そばを来場者に各100食振る舞った。

 24日も買い物券など景品が当たるお楽しみ抽選会、野菜の詰め放題、花の苗プレゼント、防災イベントが行われる。

 黒木会長は「さまざまなイベントを企画しています。お楽しみ抽選会ではいろんな景品を用意しています。ぜひお越しください」と呼び掛けている。

◆名店のパンそろいました−道の駅「北川はゆま」

 県内外のパンの名店が集う「春のパンフェスティバル」が23日から、延岡市北川町の道の駅北川はゆま(脇坂光一駅長)で始まった。24日まで。

 期間中、ベーカリーやカフェ店など延べ17店と延岡学園高校調理科が駅内レストラン前に特設ブースを構え、自慢の逸品を販売している。

 各ブースには、食パンをはじめサンドイッチ、エッグトースト、揚げパン、総菜・菓子パンなど多彩なパンがずらり。

 ラスクやブラウニー、イチゴあめなど子どもたちに人気の商品も並び、初日の朝から食欲をそそる香りに誘われた家族連れなどが列をつくった。

 ご当地パンを求めて旅行するのが趣味という日向市の島野徹雄さん(66)は「遠出しなくてもおいしいパンに出合えるのはありがたい」と品定めしていた。

 24日は地元のベーカリー幸村、カフェナナメ、カフェビオラ、ベーカリー原田、スマイルファクトリーロコ、宮崎市のこっぺ家、都城市のケーキのピエール、日南市のウエノパン、小林市のベアビーンズコーヒー、大分県のフクミミ、SHIBABASE、めろんパンダが出店を予定している。

 問い合わせは同道の駅(箟箍24・6006)。

その他の記事/過去の記事
page-top