【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 300円
▽LL サイズ 1枚 500円
▽A4 サイズ 1枚 1,200円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は500円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 300円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 500円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 1,200円
(ラミネート加工は300円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

軽快なリズムに合わせて

本紙掲載日:2024-03-14
2面
楽しく真剣に練習に取り組む参加者たち
橘ひょっとこ踊り保存会による模範演技を間近で体験する参加者

ひょっとこ夏祭りへ−愛好者ら講習

 第41回日向ひょっとこ夏祭り(8月2、3日)に向けた「ひょっとこ踊り講習会」が9日、日向市文化交流センターであり、県内のほか、遠くは京都、石川、茨城、滋賀の各府県から愛好者ら約110人が参加して足の運び方や体の使い方などを細かく学んだ。

 「テンテコテン、テンテコテン」の軽快なリズムに合わせて踊る日向ひょっとこ踊りは、同市塩見永田区発祥の市無形民俗文化財。長年、市民や県外の人から愛され続けている。講習会は演技指導と愛好者の交流を目的に開いている。

 この日は、橘ひょっとこ踊り保存会(盒彊存会長)による模範演技で始まり、参加者は動画撮影したり、一緒に足や腕を動かしたりして確認。その後、初心者と経験者に分かれて練習し、踊る人によって形が違うことや、頭を動かすと腰も一緒に動くことなどを教わりながら有意義な時間を過ごした。最後は参加者で円形をつくり、楽しく踊って会場を1周した。

 茨城県つくば市から参加した恒松和希さん(7)は、ユーチューブで踊り方を調べるなどしている熱烈なファン。昨年の夏、父の和仁さん(46)の実家がある新富町に帰省した際、日向ひょっとこ夏祭りに訪れたといい、「今年は個人戦にチャレンジしたい。足の動きとか勉強になった」と、新調したばかりのお面を手に気合十分な様子だった。

 盒恐馗后複僑供砲蓮◆嵋菁、県外からもお越しいただいており、うれしい。踊れば健康になるし、何より多くの人たちが笑顔になれるところが、ひょっとこ踊りの魅力につながる」と話した。

 今年の日向ひょっとこ祭りは、日向市駅前のあくがれ広場や中心市街地を会場に8月2日が前夜祭、同3日が本祭り。前夜祭はひょっとこ踊りの個人戦、本祭りはパレードなどが予定されている。4年ぶりに開催された昨年は、パレードに全国から63連1123人が参加した。

その他の記事/過去の記事
page-top