【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 300円
▽LL サイズ 1枚 500円
▽A4 サイズ 1枚 1,200円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は500円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 300円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 500円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 1,200円
(ラミネート加工は300円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

布のおもちゃ作成グループ「さくら草」解散

本紙掲載日:2024-02-06
3面
思いを受け託された布のおもちゃを囲んで。前列左から甲斐理事長、矢野会長

「teとteの会」に作品託す−日向

◆「安心してお任せしたい」

 布のおもちゃを手作りし、保育園などに無料で貸し出してきた日向市の「布のおもちゃ作成グループさくら草」(矢野盈げ馗后会員12人)はこのほど、会員の高齢化などを理由に解散。会員たちの思いを受け、その作品の活用が同市のNPO法人teとte(てとて)の会(甲斐麻央理事長)へ託された。

 さくら草は2001年、「目に障害のある人も楽しめるおもちゃを作りたい」と市の補助を受け、市文化交流センター内「さんぴあ」で講座を企画したことを機に結成。その後、拠点をさんぴあから市内の矢野会長(79)宅に移した。

 布絵本、指人形、エプロンシアターなど、これまでに100種類以上を作成。視覚障害児者だけでなく赤ちゃんも楽しめるよう、作品の多くに鈴や笛が取り付けられ、押したり動かしたりすると音が出る仕掛けになっている。

 市内の保育園、幼稚園、高齢者施設などに無料で貸し出してきたほか、作成指導にも取り組んできた。また、08年にはデイリー健康福祉事業団(夕刊デイリー新聞社内)の助成を受け、保育園など市内19施設に知育遊び用の作品を贈った。

 23年間の活動を振り返り「私たちはチクチクと針を運ぶことが大好きで、手に取ってくださった方々から寄せられる感想が、さらに思いを強くしてくれた」と会員たち。高齢化で新しい作品を作成することが難しくなったことなどから、先月末での解散を決めた。

 解散に当たり、単に作品を譲るのではなく、貸し出しまで引き継いでくれる拠点を探していたところ、その思いにteとteの会が共鳴した。

 teとteの会は、同市財光寺で重症心身障害児者や医療的ケア児者のための多機能型事業所を運営している。甲斐理事長(53)は「しばらくは、さくら草の皆さんにお手入れの方法などを教わりながら、貸し出しはもちろん、さらに発信して活用していけたら」と話す。

 一時は市外の事業所に託すことも考えていたという会員たち。「同じ地域で思いを受け止めていただき本当にありがたい。安心してお任せしたい」と喜んでいる。

その他の記事/過去の記事
page-top