【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 300円
▽LL サイズ 1枚 500円
▽A4 サイズ 1枚 1,200円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は500円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 300円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 500円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 1,200円
(ラミネート加工は300円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

延岡市などで啓発活動

本紙掲載日:2023-12-06
1面
「世界エイズデー」に合わせて行わたHIVと梅毒に関するPR活動(3日、延岡市旭町のイオン延岡店)

エイズ、梅毒・正しく理解しよう−県

 12月1日の「世界エイズスデー」に合わせて県は、宮崎市、延岡市、都城市でエイズ(HIV)や梅毒に関する啓発活動を行っている。

 延岡市でも今月に入って2カ所で街頭キャンペーンを実施。3日には旭町のイオン延岡店で職員らが買い物客にチラシとポケットティッシュを配り、正しい知識と検査の普及をPRした。

 世界エイズデーは、世界レベルでのエイズのまん延防止と患者・感染者に対する差別や偏見の解消を図ることを目的にWHO(世界保健機関)が1988年に制定。毎年12月1日を中心に世界各国で啓発活動を行われている。

 今月、県内でも無料・匿名で検査が受けられる窓口を拡充。18カ所の医療機関や保健所で、HIVと梅毒の検査を受けることができる。

 特に県内では梅毒の感染が、過去最高だった昨年を上回るペースで増えており、今後も拡大が懸念されている。このため、関係機関では積極的な検査を呼び掛けている。

 県北では延岡市平原町の井上病院と北浦町の盒彊絮,埜〆困鮗け付けている。また、延岡保健所(13日)、高千穂保健所(19日)、日向保健所(21日)では定例検査のほか、休日・夜間の特例検査も行っている(病院、保健所とも電話による事前予約が必要)。

その他の記事/過去の記事
page-top