【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 300円
▽LL サイズ 1枚 500円
▽A4 サイズ 1枚 1,200円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は500円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 300円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 500円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 1,200円
(ラミネート加工は300円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

西臼杵で初セルフスタンド

本紙掲載日:2023-12-04
2面

原油価格高騰受け安価なサービス提供へ−たかちほSS

 JA高千穂地区(佐藤友則組合長)を母体とする高千穂町三田井の給油所「たかちほSS(サービス・ステーション)」が1日、西臼杵郡初のセルフスタンドとしてリニューアルオープンした。営業時間は午前7時15分〜午後7時(洗車は午後6時まで)。原則として年中無休で営業する。

 たかちほSSは1998年、国道218号沿いの現在地にオープンした。近年の原油価格高騰に伴い、人件費削減による安価なサービス提供などを目指してセルフ化の検討が進められ、今年4月の総代会で承認。10月1日から営業休止し、改修工事を進めていた。

 正式名称は「JA高千穂地区『たかちほセルフSS』」で敷地面積260・8平方メートル。8台分(ガソリン・軽油6、灯油2)の給油スペースと高性能ドライブスルー洗車機を配備。補助従業員が常駐するため、不慣れな人でも安心して利用できる。施工費は、建築工事など含め約2021万円。

 改修内容は、監視室新設および施設内装等改修工事▽セルフ給油設備工事▽セルフ用泡消火設備工事▽ドライブスルー洗車機および拭上場関係工事▽POS、塗装、看板、各システム工事▽既存施設設備工事(追加)。

 落成式で佐藤組合長は、「SSは地域インフラの要所であり、地域住民や組合員の生活を守る上でなくてはならないもの。価格負担が軽くなったことで営農促進、ひいては観光の活性化などにも期待したい」と話した。

◆7日までオープニングイベント

 たかちほセルフSSは7日まで、オープニングイベントを行っている。

ガソリン、軽油、灯油を、いずれも店頭表示価格より10円引き(1リットル当たり)。15リットル以上給油した人にはボックスティッシュ5箱をプレゼントする。問い合わせは同SS(箙眄虔罍沓魁Γ隠隠娃掘法

その他の記事/過去の記事
page-top