【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 300円
▽LL サイズ 1枚 500円
▽A4 サイズ 1枚 1,200円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は500円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 300円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 500円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 1,200円
(ラミネート加工は300円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

歓声上げながらイモ掘り

本紙掲載日:2023-12-04
7面
イモ掘りに熱中する園児たち

たちばな保育園と川中保育園

 延岡市のたちばな保育園(首藤香織園長)=岡富町=と川中保育園(首藤郁子園長)=東本小路=の園児たちが11月8日、同市野田の畑でイモ掘りを楽しんだ。JA延岡青壮年部南方支部(盒驚蒭支部長)の協力事業で、秋晴れの空の下で園児ら約70人の喜ぶ声が響いた。

 両園ではイモ堀りを体験しようと、園内でイモを栽培していたが、あまり大きくは育たなかったという。このため、同支部の生産者でもある卒園生の保護者に相談したところ、協力を快諾。今年5月に同JA組合員の甲斐俊行さん所有の畑約3アールに、紅あずまとシルクスイートの苗を植えて育てていた。

 支部会員らが前日から土を覆っていたビニールを取り除き、つるを刈り取って掘りやすいように準備。盒胸拮長が「きょうはイモ掘りを楽しんでもらえたら。頑張ってください」と声を掛けると、園児たちは一斉に畑に入り、つるの切り口が見える場所を狙ってイモ掘りを始めた。

 掘り起こすのにひと苦労の大きなイモや、鈴なり状態のイモがあちらこちらから出現。子どもたちから歓声が上がった。

 イモ掘りは初めてという市來幸志ちゃん(4)は、「掘るのは疲れたけど楽しかった。大きいのも掘れた。イモはみんなで食べたい」と話していた。

 この日収穫されたイモは園児たちの食育に役立てられるほか、JA延岡の収穫祭で使われた。

その他の記事/過去の記事
page-top