【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 300円
▽LL サイズ 1枚 500円
▽A4 サイズ 1枚 1,200円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は500円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 300円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 500円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 1,200円
(ラミネート加工は300円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

どうする災害時のごみ処理

本紙掲載日:2023-07-25
1面
26日まで延岡市役所で開かれている九州保健福祉大の企画展示

九保大学芸員養成課程が企画展示−26日まで延岡市役所=

 九州保健福祉大学(延岡市吉野町)薬学部動物生命薬科学科の学芸員養成課程で資格取得を目指す4年生7人による企画展示「災害とSDGsこのゴミどうする?―災害時のゴミ処理―」が26日まで、延岡市役所1階の市民スペースで開かれている。入場無料。多くの来場を呼び掛けている。

 企画展は、学内実習の一環として毎年実施。昨年に続き、災害とSDGs(持続可能な開発目標)がテーマの今回は、昨年9月に発生した台風14号による被害状況や、日本各地で災害が発生している現状から、災害ごみに焦点を当てた。

 浸水で水を含んだ畳は、成人男性3人で運ぶのも苦労するほど重いこと、被災者が分別をせずに災害ごみを積み重ねる「勝手仮置き場」ができたことなど、昨年の写真とともに紹介。

 定められていない場所にごみを出すことで、その土地が本来の役割を果たせず、ごみであふれた地域になってしまう▽ごみの放置によって感染症などの心配がある―など、SDGsの観点からの学生の考えも紹介し、分別や日ごろの浸水対策を、図表を用いて説明している。

 又野稔里さん(26)は「ごみの分別の仕方を知ってもらうことで、日ごろからいらない物はごみとして出しておくなど、備えてもらえれば」と呼び掛け。あすも午後5時まで。問い合わせは山内研究室(箟箍23・5632)。

その他の記事/過去の記事
page-top