【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 300円
▽LL サイズ 1枚 500円
▽A4 サイズ 1枚 1,200円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は500円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 300円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 500円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 1,200円
(ラミネート加工は300円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

2冊目は参加型絵本

本紙掲載日:2023-07-08
7面
1冊目の絵本「ワッショイ星人がやってきた」
アーナーさん(提供写真)

先着200人まで募集アーナー恵子さん

◆あなたの分身が登場します

 延岡市鶴ケ丘在住の現代美術家アーナー恵子さん(63)は、自身が生み出したキャラクター「ワッショイ星人」の2冊目の絵本の出版準備を進めている。「参加型絵本」という新しい試み。参加者の「分身」が絵本に登場するという。先着200人まで募っている。ペットも含む。今月末締め切り。

 参加者がそれぞれ人として登場するわけではなく、大勢いるワッショイ星人の一人になるかもしれないし、魚、花、虫になるかもしれない。アーナーさんがその人をイメージしながら描く。似顔絵ではないため、どれが誰の分身か分からない可能性がある。そこで「○ページのこの子があなたです」という証明書を付けるという。

 ワッショイ星人は、口蹄(こうてい)疫や東日本大震災が発生し、アーナーさん自身も夫を亡くした悲しみから立ち上がろうともがいていた2012年に生まれた。苦しく悲しい時でも生きていかなければならない、すべての生き物に寄り添い、応援してくれる存在だ。

 1冊目の絵本「ワッショイ星人がやってきた」を出版した後、2冊目に向けて出資の申し出があったという。「本当に感謝しています。その方の思いも込めて制作します」とアーナーさん。

 制作に取り掛かり始めたころ、ある人から「どこでもいいから私も載せて」と言われたことが、今回の試みのきっかけ。「地元の風景のある絵本に、こそっと自分の分身がいたら楽しいだろうな。地元の作家だからできることでもある」と。

 「ご興味がおありの方はご連絡ください」と呼び掛けている。連絡先はアーナーさん(筍娃坑亜Γ隠隠僑后Γ沓僑械后■襭紕蕋襭錚瓧茖遑紕鬘娃僑横供gmail.com)。

その他の記事/過去の記事
page-top