【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 300円
▽LL サイズ 1枚 500円
▽A4 サイズ 1枚 1,200円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は500円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 300円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 500円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 1,200円
(ラミネート加工は300円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

公務員に夏のボーナス

本紙掲載日:2023-06-30
1面

支給月、一般職2・2カ月分

◆知事245万円、副知事と議長194万円

 公務員にきょう、夏のボーナス(期末・勤勉手当)が支給された。支給月数は、県の一般職が前年同期比0・025月増の2・2月(期末手当1・25月、勤勉手当0・955月)、延岡市と日向市はそれぞれ2・20月(期末手当1・20月、勤勉手当1・00月)で同0・05月増。特別職は期末手当のみで県、延岡市、日向市のいずれとも0・025月増の1・65月。

□県

特別職と一般職(会計年度任用職員除く)を合わせた1万9034人(前年同期比92人増)に、総額141億6069万2571円(同1億247万8577円増)を支給した。
一般職の支給月数は前年同期に比べ025月増の2・2月(期末手当1・25月、勤勉手当0・95月)。管理職職員らを除いた民間の組合員層に相当する一般職員の平均年齢は30・9歳で、平均支給額は51万716円(同3753円増)。
医師や薬剤師、看護師、警察官、教員(市町村立学校職員ら含む)らを含む職員全体(特別職除く)の平均年齢は43・0歳で、平均で74万2822円(同2572円増)を支給した。
特別職の支給月数は前年同期比で0・025月増の1・65月(期末手当のみ)。知事は245万5200円、副知事(2人)と議長は各194万400円、議員は22人に各154万4400円、15人に各46万3320円など。
会計年度任用職員の期末手当の支給割合は正規職員と同じ1・25月。任期が6カ月以上で勤務時間が週15時間30分以上の2403人が対象で、支給総額は3億9335万5979円になる。
知事、副知事、議長、議員以外の特別職の支給額は次の通り。
副議長=176万2200円▽企業局長=154万4400円▽病院局長=154万4400円▽常勤監査委員=39万258円▽教育長=154万4400円


□延岡市

特別職と一般を合わせて1251人(前年同期比8人増)に、総額8億7487万3000円(同3571万8000円増)を支給した。
管理職などを除いた職員で、民間の組合員層に相当する一般職員の平均年齢は31・5歳で、平均支給額は49万9555円(同9398円増)。特別職を除く職員全体の平均年齢は43・1歳で、平均支給額は69万8100円(同2万8200円増)。
特別職の支給額は、市長=181万2112円▽副市長=146万1075円▽教育長=129万300円▽議長=97万9110円▽副議長=89万3722円▽議員82万5412円。


□日向市

一般職員と特別職、再任用職員など計699人(前年同期比21人増)に総額4億7403万6873円(同3791万8967円増)を支給した。支給月数は、一般職が前年同期比0・05月増の2・20月(期末手当1・20月、勤勉手当1・00月)。特別職は同0・025月増の1・65月(期末手当のみ)。
管理職などを除いた職員で、民間の組合員層に相当する一般職員(行政職)の平均年齢は30・9歳、平均支給額は52万965円(前年同期比5万4781円増)。医師や看護師、保育士などを含み、特別職を除く職員全体の平均年齢は44・0歳、平均支給額は68万2537円(同4万1979円増)。
特別職の支給額は次の通り。
▽市長=164万1337円▽副市長=131万3070円▽教育長=117万2655円▽議長=82万1617円▽副議長=71万9152円▽議員(25人)=20万3791〜67万9305円(5月12日付任期満了の議員を含む)

▽▽
特別職の支給額、一般職員の平均支給額は税や共済掛金(社会保険料)を控除する前の総支給額。前年同期の支給額は新型コロナの影響などに伴う2021年度の引き下げに相当する額の半分を差し引いている(残る半分は冬のボーナスから差し引き)。

その他の記事/過去の記事
page-top