【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 300円
▽LL サイズ 1枚 500円
▽A4 サイズ 1枚 1,200円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は500円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 300円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 500円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 1,200円
(ラミネート加工は300円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

延岡大空襲の悲劇を語り継ぐ

本紙掲載日:2023-06-28
8面

7月1、9日に上映会−制作者を迎えて解説と対談

◆ケーブルメディアワイワイ−夕刊デイリー共同制作番組

 延岡市教育委員会と夕刊デイリー新聞社は7月1日と9日、延岡大空襲をテーマにしたドキュメンタリー番組の上映会と、番組制作者による解説会を行う。上映作品は、いずれもケーブルメディアワイワイと夕刊デイリー新聞社の共同制作。無料。参加を呼び掛けている。

 会場は、延岡市本小路のカルチャープラザのべおか2階セミナー室。現在、セミナー室前では「空襲の記憶」展(7月9日まで)を開催している。映像、解説、展示を組み合わせることで、78年前の悲劇を〃立体的〃に伝える。
戦争の悲惨さ、平和の尊さを語り継ぐ「第20回平和祈念資料展」(9月30日〜10月22日)関連企画。ケーブルメディアワイワイ協力。問い合わせは延岡市立図書館(箟箍32・3058)。


◇7月1日午後2時−「戦争を知らない私がみた延岡大空襲」(2022年)

 ケーブルメディアワイワイのディレクター甲斐帆夏さん(27)が企画・制作。1945(昭和20)年6月29日未明の延岡大空襲で妹を亡くした祖母の小並弘子さん(87)に孫の甲斐さんがインタビュー。戦争を知らない世代が、戦争の残酷さ、消えることのない悲しみを描く。昨年制作。

 甲斐さんをゲストに迎え、解説・進行の坂本光三郎(夕刊デイリー新聞社取締役)と対談する。


◇7月9日午後2時−「語り継ぐあの時代〜延岡大空襲」(2009年)

 延岡大空襲で全焼した県立延岡高等女学校の卒業生が、かつて校舎のあった場所に立つ岡富中学校を訪問。酒井宗喜さん、寺原八千代さんらが戦時下の生活や空襲の恐怖を語る。大空襲のとき14歳の女学生だった加藤幸子さん、横溝良子さんは、防空要員として学校に駆け付け、消火活動に当たった思い出を語る。2009年制作。

 番組でインタビューを担当した坂本が解説する。

その他の記事/過去の記事
page-top