【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 300円
▽LL サイズ 1枚 500円
▽A4 サイズ 1枚 1,200円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は500円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 300円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 500円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 1,200円
(ラミネート加工は300円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

自然体験の重要性伝える−すみれ保育園

本紙掲載日:2023-06-19
6面

NPO法人5周年記念の写真展と講演

 延岡市無鹿町のすみれ保育園(霤長代園長)は17、18日、延岡総合文化センターでNPO法人太陽の里設立5周年を記念した写真展「あしあと」を開いた。自然と触れ合いながら過ごす日常を切り取った約130点を展示。ほほ笑ましい子どもたちの姿に、会場に笑顔の輪が広がった。

 すみれ保育園は1980年2月、認可外保育園として設立。核家族化が進む中、2003年1月には「子どもの優しさを育むためにお年寄りの力を借りたかった」(霤脹狡后砲函敷地内にデイサービスかぼちゃの家を開設した。18年5月に保育園では珍しいNPO法人として登録。19年4月に認可園となった。

 かぼちゃの家の開設20周年も兼ねて企画した写真展には、同園が大切にしている「自然の中で」の活動の様子がずらり。デイサービスの利用者と子どもたちが散歩を楽しむ様子、生き物を探して川をのぞき込む真剣な子どもの表情、2本の足でしっかりと立ち上がった赤ちゃん―などその瞬間が、温かさの伝わる1枚の写真に収められ、来場者を笑顔にしていた。

 18日には記念保育講演も行われ、NPO法人ヒミツキチ(宮崎市)理事長の山下朋子さんが「子どもに大切な遊びについて〜外遊びの積み重ねから見えてきたもの〜」と題して話した。

 子どもたちが安心して遊び、自然体験や芸術体験ができる居場所をつくり、運営している山下さんは、「リアルな体験を通してこういう勉強が必要だと知って学ぶと、どんどん吸収する」「遊びを軸に仲間ができ、仲間になると本音が出る」などと体験を通して感じたことを紹介。「地域の中で、外遊びができる環境を大人がつくるべきではないか」と訴えた。

その他の記事/過去の記事
page-top