【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 300円
▽LL サイズ 1枚 500円
▽A4 サイズ 1枚 1,200円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は500円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 300円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 500円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 1,200円
(ラミネート加工は300円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

森林資源を活用−脱炭素社会づくり

本紙掲載日:2023-06-15
1面
設立総会を開いた「森林由来J―クレジット推進協議会」の委員ら

J―クレジット推進協が設立総会

◆延岡市、旭化成など5団体参加

 森林の二酸化炭素吸収量から得られるクレジットの創出や販売、活用を図る「森林由来J―クレジット推進協議会」の設立総会が14日、延岡市幸町の旭化成延岡駅前オフィス南ホール(延岡駅西口街区ビル内)で開かれた。協議会をつくる市や旭化成など5団体が連携し、森林資源を活用した脱炭素社会づくりを推進する。

 温室効果ガスの削減・吸収量を国が認証して売買対象とする「J―クレジット制度」においては近年、森林クレジット量の算定対象に主伐後の再造林が加えられるなど、クレジット供給量の拡大に向けた取り組みが強化されている。そうした中、同協議会は森林の新たな収益源としての可能性の検証、森林クレジットの創出・販売・活用に向けての仕組みづくりを進め、森林事業の活性化およびカーボンニュートラルの実現を目指す。

 協議会を組織するのは延岡市、旭化成、延岡商工会議所、延岡地区森林組合、延岡地区素材生産事業協同組合。またオブザーバーとして県東臼杵農林振興局と県森林組合連合会が参加する。

 総会では、会長に読谷山洋司市長、副会長に野田和弥旭化成上席執行役員研究・開発本部技術政策室長を選出し、2025年度にかけての3カ年計画を承認した。読谷山市長は「『産』と『官』がしっかりと連携を取ることで、世界に誇れる持続可能な森林づくりに向けて正式なスタートを切ることができた」として今後の事業展開に期待を寄せた。野田室長は「森林業界の資源循環をリードする役割を担っていきたい。森林ビジネスの新たなきっかけになれば」と話した。

 同事業計画では、市有の間伐促進型人工林(31・47ヘクタール)と天然林(50・86ヘクタール)でJ―クレジット制度プロジェクトに申請・登録し、認証に向けた手続きを行う。申請・登録から認証にかけての採算性を評価し、課題を抽出するほか、森林循環の価値可視化シミュレータの実証実験なども予定している。また、クレジット創出者と購入者のマッチングなど販売促進の仕組みを検討した上で、最適なクレジット販売価格の試案作成や市内企業等への販売展開を行っていく。

その他の記事/過去の記事
page-top