【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 300円
▽LL サイズ 1枚 500円
▽A4 サイズ 1枚 1,200円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は500円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 300円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 500円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 1,200円
(ラミネート加工は300円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

実践的な英語学ぶ

本紙掲載日:2023-06-14
7面

延岡星雲高フロンティア科−海外の講師とオンラインで会話

 延岡市の県立延岡星雲高校(宮真司校長、486人)フロンティア科は今年度から、英語を実践的に使用する機会を増やすことを目的に、Gakkenが提供するオンライン英会話のプログラムを授業に取り入れる。9日、1年生38人による1回目の授業が行われた。

 生徒たちは、1人1台ずつノートパソコンを使って、フィリピン・セブ島の講師と1対1で会話した。「ハロー」という生徒からの呼び掛けで始まった初回授業のテーマは「趣味」。事前に配られたワークブックを使い、この日のために準備をしてきたことが正しく伝わるのかを確かめた。

 途中、講師からの質問もあり、普段学習している英語を活用しながら対応。生徒の中には、講師と趣味が同じだと話に花が咲き「後半ほぼ雑談だった」という声もあったが、飛び交う言語は全編英語。楽しみながら実践力を鍛えた。

 Gakken西日本本部プランニングセールス課の東健一さんによると、フィリピン人の講師は聞き役に徹し、質問やアドバイスをすることで生徒から会話を引き出す。また、会話をしながら生徒が使ったフレーズやそれに対するアドバイスなどを「チャットボックス」に入力し、文字化。視覚的に認識できるため、生徒は自分が何を話したのかを確認できるほか、授業後の復習にも活用できるという。

 「受講者はマンツーマンなので、いい意味で逃げ場がなくなる。とにかく話して、どんどん間違うということを経験してほしい」と東さん。

 実際に海外の人と話すのは初めてだったという熊本大悟さん(16)は「単語で話すことが多く、まだまだ語彙(ごい)が足りていないと感じた。分からないことは質問したら優しく答えてくれたので、安心して話せた」と振り返った。

 今後、同様のプログラムを5回行い、社会的な問題をテーマに賛成派か反対派かを生徒自身が選び、英語で議論する方法を段階的に学ぶという。

その他の記事/過去の記事
page-top