【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 300円
▽LL サイズ 1枚 500円
▽A4 サイズ 1枚 1,200円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は500円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 300円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 500円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 1,200円
(ラミネート加工は300円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

標兇気鵝閉罵奸貿昔喊綮座膺綻

本紙掲載日:2023-06-07
2面
農林水産大臣賞を受賞した標兇気

県乾しいたけ品評会−宮崎市で表彰式

◆団体の部−椎葉村、14回目の優勝

 第68回県乾しいたけ品評会の表彰式は1日、宮崎市のシーガイアコンベンションセンターで開かれた。最高賞に当たる農林水産大臣賞は、椎葉村の標郷鬚気鵝複苅魁砲初めて受賞。このほか、林野庁長官賞などを県北の生産者7人が獲得した。

 品評会は4月18日、日向市のJA宮崎経済連椎茸(しいたけ)流通センターで開かれ、箱物の部と袋物の部に計408点が出品された。大きさや形状、色合いなどを基準に両部門の優等と1〜3等、佳作の計127点が選ばれた。

 式では、審査委員長を務めた県山村木材振興課二見茂課長が講評。昨年末からの低温や春からの急な気温上昇など年間を通して厳しい気象条件での栽培だったにもかかわらず、「品質の高いものが出品されていた」と述べた。

 両部門の優等や特別表彰、特別賞を受けた諸塚、椎葉村、五ケ瀬町の生産者に対し、JA宮崎経済連の坂下栄次会長らが賞状を授与。入賞数などに応じた得点で競う団体の部は椎葉村が2年ぶり14回目の頂点となり、優勝旗が贈られた。

◇シイタケ栽培2年目「受賞を励みに」

 標兇気鵑魯轡ぅ織浦惑櫃鮖呂瓩萄Gで2年目。1991年に農林水産大臣賞を受賞した父正義さんを目標に、ミニトマトを作りながら温度管理と散水に気を使って育て、袋物の部「冬據覆匹鵑魁法廚蓮崑腓さや形状、色合いも見事」と評価された。

 受賞について「もらえると思っていなかった。身に余る光栄」と驚いた様子。今後は「これを励みにいろんな賞を取れるよう頑張りたい」と話した。

 この日は、第11回県乾しいたけ生産者大会も併せて開かれた。

その他の記事/過去の記事
page-top