【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 300円
▽LL サイズ 1枚 500円
▽A4 サイズ 1枚 1,200円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は500円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 300円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 500円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 1,200円
(ラミネート加工は300円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

ちよひめ収獲始まる

本紙掲載日:2023-06-06
1面
「ちよひめ」の収穫に励む藤本さん(延岡市北方町上崎)

特産の極わせモモ−藤本さんの果樹園

 延岡市北方町上崎の藤本博明さん(73)の果樹園で、特産の極わせモモ「ちよひめ」の収穫が始まった。5月下旬から「ちよひめ」と同じく極わせの「さくひめ」、わせの「日川白鳳」、中手の「あかつき」へと品種を移しながら、7月上旬まで収穫と出荷が続く。

 夜明けと共に果樹園で作業にいそしむ藤本さんは、北方町内のモモ農家の草分けで、キャリアは35年にもなる。以前はミカン農家だったが、モモの栽培に主力を移し、現在は露地30アール、ハウス10アールで約100本の果樹を育てている。

 収穫のトップを切る「ちよひめ」については「今年は雨量、気温ともにモモにとって適度で糖度も申し分ない」といい、「通常の糖度は10度から11度ですが、13度から中には17度というものもありました」と自信をのぞかせる。収穫したモモは、妻栄子さん(66)と自宅で選別、箱詰めした後、JA延岡の北方選果場を通じて大分や県内の市場に出荷される。また、一部は「北方よっちみろ屋」やJA延岡の「ふるさと市場」の店頭にも並ぶ。

 よっちみろ屋などの店頭では毎年人気で、心待ちにしている人も多く、今年も反応は上々という。「コロナ禍がひと段落して、お客さんが戻ってくれたのが良かった。元気な間は、北方のモモを守っていかなければ」と意気込みを話していた。

その他の記事/過去の記事
page-top