【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 300円
▽LL サイズ 1枚 500円
▽A4 サイズ 1枚 1,200円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は500円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 300円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 500円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 1,200円
(ラミネート加工は300円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

センコービジネスサポート「えるぼし認定」−厚労大臣

本紙掲載日:2023-06-05
1面
「えるぼし認定(三つ星)」の認定証を手にするセンコービジネスサポートの森岡直人社長と米川晃子企画部次長

女性活躍推進企業−県北企業初の三つ星

 女性が活躍する職場づくりに貢献している企業の証となる「えるぼし認定(三つ星)」を県北で初めて、延岡市天下町のセンコービジネスサポート(社員450人)が取得し、森岡直人社長が5月31日、読谷山洋司市長に報告した。

 えるぼし認定は、女性活躍推進に向けた行動計画を策定して取り組み状況が優良な企業に厚生労働大臣がお墨付きを与える制度で、県内の認定企業は今回を含め7社目。評価基準の達成度によって一つ星−三つ星があり、三つ星は県内4社目となった。

 同社は女性従業員についての評価項目で、正社員に占める割合が8割以上(認定基準=4割)、平均勤続勤務年数が男性の96%(同7割)、時間外労働・休日労働時間の月平均が15・9時間(同45時間)と、優秀な実績で基準を達成。管理職も女性比率が66・7%と高く、再雇用も積極的に受け入れている。

 報告を受けた読谷山市長は「延岡の印象もよくなりありがたい。市のUターンや移住促進事業と連携する形で人材雇用に活用してほしい。今後も女性が活躍できる企業として頑張って地域全体を引き上げていただければ」とエールを送った。

 森岡社長は「県北初の認定で非常に光栄。いろいろな制度やサポート体制を工夫してきた成果だと思う」と話し、取り組み状況を報告。今後に向けては「全国でまだ38社しか認定されていない『プラチナえるぼし』を目指したい」と意気込んだ。

 また、同社は主に自治体や民間の給与計算や経理など事務処理を中心とする業務代行、電話応対などを受託しているが、システム導入の提案などIT人材の雇用・育成にも力を入れているといい、「さらにえるぼし認定の認知度が高まれば」と期待している。

その他の記事/過去の記事
page-top