【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 300円
▽LL サイズ 1枚 500円
▽A4 サイズ 1枚 1,200円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は500円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 300円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 500円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 1,200円
(ラミネート加工は300円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

アユ漁解禁−雨の中幕開け満喫

本紙掲載日:2023-06-01
1面

待ちかねた釣り人「きょうは特別」−五ケ瀬川水系

 県北の五ケ瀬川水系と、祝子川水系、五十鈴川水系で6月1日、アユ漁が解禁された。前日からの雨で悪条件となり釣果もさえなかったが、この日を待ちかねた釣り客らは「きょうは特別」とさおを振りながら、シーズンの幕開けを満喫した。

 五ケ瀬川水系は愛好家の間で全国的に知られ、日之影方面から北方方面にかけて好ポイントが点在。ただ、きょうは雨の影響で上流部は川水が濁って水温も低く、旧日之影町役場下や延岡市北方町の八峡など、例年なら人気の漁場からは早朝のうちに人影が消えた。

 少しでも好条件の場所を探して移動する釣り人も多く、日之影町では午前10時ごろになると、本流から見立方面へと少し入った日之影川の青雲橋下辺りに15人程度が点在。友人と2人で日之影キャンプ村近くに陣取った御沓寛司さん(59)=大分県=は「天気が悪く、水温も低いので例年より釣果は控えめですが10匹以上は釣れました。30センチほどのヤマメも釣れました」と声を弾ませていた。

 北方町蔵田では日高隆則さん(44)=延岡市伊形町=が仲間5人と前日午後6時から待機し、朝一番から瀬の上にさおを差し並べたが「上流が濁っていて全員で数匹ほど」と苦戦。それでも、「サイズは10センチほどでまだ小さいが遡上(そじょう)は多いと聞いているので、これからだと思う」と、今後を期待しながら解禁初日を楽しんでいた。

 同町川水流橋下に仲間5、6人で訪れた田中康陽さん(37)=同市富美山町=も「難しい一日になりそうだが、きょうは開幕でお祭り気分。今年は去年より多く釣れるよう腕を磨きたい」と笑顔を浮かべた。

 なお、北川水系と耳川水系のアユ漁は10日、それぞれ解禁される。

その他の記事/過去の記事
page-top