【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 300円
▽LL サイズ 1枚 500円
▽A4 サイズ 1枚 1,200円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は500円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 300円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 500円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 1,200円
(ラミネート加工は300円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

独自に週1回公表−延岡市

本紙掲載日:2023-04-28
1面
新型コロナの「5類」移行後の対策を説明する読谷山市長

感染状況、必要に応じ警報や注意報も

◆コロナ−5類移行の5月8日以降

 延岡市は26日、新型コロナウイルスが感染症法上「5類」へ移行する5月8日以降の対策として、独自に市内の感染状況を週1回公表しながら、必要によって独自の警報や注意報を発出する方針を示した。読谷山洋司市長が定例会見で説明した。

 新型コロナの感染者数は5類移行後、保健所が指定している定点医療機関からの報告数を、インフルエンザや水ぼうそうなど他の5類感染症と一緒に毎週、「宮崎県感染症週報」で発表することが検討されている。

 ただ、定点医療機関は県内に71カ所(インフルエンザ58=うち小児科36、眼科6、基幹7)と限られる。このため、医療態勢が脆弱(ぜいじゃく)な延岡市は市医師会の協力で市内多数の医療機関から集計される、より実数に近い感染者数を県週報と並行して公表することにより、市民同士で認識を共有したい考え。

 警報、注意報は、市の新型コロナ対策アドバイザーで県北の入院や救急受け入れなどの調整役を担っている佐藤圭創医師(県新型コロナ対策調整本部特任医師)ら専門家の助言を受けて発表。新型コロナ患者の入院ベッド使用率や救急出動件数などを目安とするが、発令によって公共施設の利用制限や休校などの強制措置は行わない。

 市役所内の対策では、出入り口の消毒液は引き続き設置。間隔を空けての着座を呼び掛ける座席掲示物は撤去し、トイレの手指送風機(ハンドドライヤー)は使用再開する。市職員のマスク着用は個人判断とするが、高齢者や妊婦らの接客や屋内で大人数がいる場面などは着用させるという。

 読谷山市長は「5類移行で新型コロナがなくなるわけではない。8月と来年1月ごろに感染拡大の大きな波が来ると予想されており、その時にピークの山を大きくしないことが延岡市にとって大事なことではないか」と理解を呼び掛けた。

その他の記事/過去の記事
page-top