【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 300円
▽LL サイズ 1枚 500円
▽A4 サイズ 1枚 1,200円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は500円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 300円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 500円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 1,200円
(ラミネート加工は300円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

〃たけだんさん〃と「ひとつ星」(2)

本紙掲載日:2023-04-22
7面

〜竹谷神社の令和大造営への思い〜山洋一

◆「竹谷」の由来は神話から−病気平癒の参拝でにぎわい

 さて竹谷の由来は神話へとさかのぼります。天より降ってきた瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)は、笠沙の岬(愛宕山)で此花咲耶姫(このはなさくやひめ)と運命の出会いを果たし、無鹿町の妻耶(つまや)に社を構えます。その後、此花咲耶姫を伴い北川沿いのキュウゴ火繰(ひぐ)りを経て観音滝で沐浴(もくよく)し、百間滝を通り可愛の長井へと向かいました。道中、可愛岳の中腹で疲れを癒やした瓊瓊杵尊が、持っていた竹のつえを地面に挿し残していったところ、つえが芽吹き逆さの竹が生えてきました。そのささを牛馬に与えると薬効があることが知られるようになり、その地は「竹谷」と呼ばれるようになったといわれています。竹谷に社が建てられ、祭りが営まれるようになり、その後、寺領1300の通法寺に守護されていましたが、天正6(1578)年の大友軍の日向侵攻により、祭りが途絶え社の場所も定かでなくなったようです。

◇江戸時代に神社創建

 竹谷神社の創建は、それからおおよそ200年へた江戸時代の話となります。大峡に住む信仰心のあつい長右衛門が長患いをしていると、宝暦12(1762)年4月と明和8(1771)年3月の2度、瓊瓊杵尊が夢枕に立たれたと伝わります。夢枕に立った2度目のお姿を長右衛門が描かせた掛け軸が残されており、軸には「十五日夜暁夫婦共に見る」と記されています。同じ夢を見て「われこそは、この村の満潮のてより八合目の可愛岳の麓に鎮座するものである……」と神託を受けた長右衛門夫婦は畏(おそ)れをもち、さっそく竹谷に向かい、その日の夕刻に赤い火の見える所にたどり着きました。そこにあった石に触れると石が起き上がり、ただちに長右衛門の病が治ったといわれます。

 話を聞いた村人たちは祠(ほこら)を立て、その立石をご神体とし祭り、やがて病気平癒の噂(うわさ)は近郷近在に広がり、多くの人が参拝に訪れるようになりました。時の藩主の帰依も厚く、社の前を流れる谷川の右岸に休息所を設け毎月参拝がありました。本草学者の賀来飛霞(ひか)は、弘化2(1845)年4月にこの地を訪れ、長右衛門の息子と会い「瓊瓊杵尊は、白い衣服を着て、黄金造りの剣を腰にし、赤い帯をしていた」と夢の話を聞いたことや、縁日には延岡城下から神社まで群衆が絶え間なく続く様子を「高千穂採薬記」に記しています。往時のにぎわいの名残として「八軒茶屋」の地名が山中に残っています。

その他の記事/過去の記事
page-top