【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 300円
▽LL サイズ 1枚 500円
▽A4 サイズ 1枚 1,200円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は500円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 300円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 500円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 1,200円
(ラミネート加工は300円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

地域DX推進ラボ、第1弾に延岡市−経産省

本紙掲載日:2023-04-12
1面

新たな枠組み31地域の一つに

 延岡市は10日、地域社会全体でDX(デジタルトランスフォーメーション)の取り組みを加速し、経済発展などの実現を目指すために経済産業省が公募していた「地域DX推進ラボ」の第1弾として、31地域の一つに選ばれたと発表した。

 経済産業省は、独立行政法人情報処理推進機構とともにIoT、ビッグデータ、AI等の先進技術を活用して効率的、かつ効果的に地域課題の解決を図る自治体を支援する「地方版IoT推進ラボ」を制度化し、これまで106地域の取り組みを支援してきた。地域DX推進ラボはさらに取り組みを加速するため、新たな枠組みとして昨年11月末に公募を始めた。

 現時点で財政面での支援などはないが、選定によって「地域DX推進ラボ」マークの使用権付与▽ポータルサイト、ラボイベント等の広報▽地域のプロジェクトや企業との実現、発展のための専門家の派遣▽ほかの地域との交流機会の創出▽中堅・中小企業等のDX優良事例を紹介する「DXセレクション」への推薦資格付与――などの支援がある。

 市は地元企業のDX推進を図るため、延岡経済リンケージ機構と、市内のIT企業等が地域の資源をネットワーク化して課題解決を目指す「延岡デジタルクロス」(今年度正式発足予定)が共同で応募。今後、相談を受けるプラットホームの立ち上げ、DXセミナー等の開催、IT人材の確保、育成などを行う。

その他の記事/過去の記事
page-top