【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 300円
▽LL サイズ 1枚 500円
▽A4 サイズ 1枚 1,200円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は500円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 300円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 500円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 1,200円
(ラミネート加工は300円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

絵画や彫刻など展示−高鍋高OB美術展

本紙掲載日:2023-04-10
8面
16日まで開かれている高鍋高校OB美術展(提供写真)
高鍋高校OB美術展に出展している皆さん(同)

県北ゆかりの出品者−16日まで高鍋町美術館

 県立高鍋高校の卒業生が年に1度実施する美術作品展「第22回高鍋高校OB美術展」が16日まで、高鍋町美術館で開かれている。来場を呼び掛けている。入場無料。

 作品展は1967年、研さんと次世代の育成のため同年に結成された同高美術部OB会が、「高鍋高校美術部OB展」としてスタート。同町美術館が開館した99年には、美術部以外に門戸を広げようと、現在名に改称した。

 今回は18人が絵画、彫刻、デザインなど約40点を出品。美術教諭として延岡西高の教壇に立った田中隆吉さん=高鍋町在住=、延岡高の教壇に立った石井秀隣さん=高鍋町在住=、延岡市内の中学校で今も教壇に立つ八木千穂子さん=延岡市在住=ら、県北にゆかりのある人も複数出品している。

 また、回廊展示として、現役の同高美術部員15人が手掛けた作品も展示している。

 56年もの歴史を持ち、県内唯一の高校OB展だが、近年は会員減少に悩まされている。同会は「高鍋高校卒業生ならどなたでも応募できます。ぜひ参加してほしい」と呼び掛けている。

 開場は午前10時〜午後5時。最終日は同3時まで。

 問い合わせは同館(筍娃坑牽魁Γ横魁Γ牽牽牽掘砲泙如

その他の記事/過去の記事
page-top