【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 300円
▽LL サイズ 1枚 500円
▽A4 サイズ 1枚 1,200円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は500円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 300円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 500円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 1,200円
(ラミネート加工は300円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

俳聖・芭蕉の遺徳たたえる

本紙掲載日:2023-04-06
8面
芭蕉句碑に向け自らの句をささげる出席者ら(延岡城・内藤記念博物館庭園)
芭蕉句碑祭・合同俳句大会(延岡市社会教育センター)

句碑祭で献酒・献花−合同俳句大会も

 第47回芭蕉句碑祭が2日、延岡市の延岡城・内藤記念博物館庭園であり、市内の俳句会会員らが旧延岡藩・内藤家とゆかりのあった俳聖・松尾芭蕉の遺徳をたたえた。主催は同実行委員会(赤藤忠実行委員長)。

 庭園内の芭蕉句碑に向け、甲斐恵山さん(若鮎俳句会)が碑文の「西行の庵もあらむ花の庭」を朗詠。出席者らが献酒、献花を行い、春などを題材にした句を詠んで碑にささげた。

 その後、隣接する市社会教育センターで合同俳句大会(延岡若鮎俳句会主催、市内各俳句会協賛、市教育委員会、市文化連盟、県俳句会、夕刊デイリー新聞社後援)を開催。各俳句会代表の6人が選者となってそれぞれ選んだ特選1句、入選10句を発表し、作者を表彰した。

 320点の投句の中から、眦栂觧劼気鵑痢峪匍軅検覆◆砲貮〔翕佻申佞燭討蝓廚県俳句協会会長賞を受賞。赤藤委員長は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため3年間、中止していた芭蕉句碑祭と俳句大会が再開できたことに対し、「47回も開けていることはすばらしく、これからも続けていきたい。きょうは天候にも恵まれ、満開の桜の中で行うことができた」と喜んだ。

その他の記事/過去の記事
page-top