【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 300円
▽LL サイズ 1枚 500円
▽A4 サイズ 1枚 1,200円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は500円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 300円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 500円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 1,200円
(ラミネート加工は300円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

名誉市民・町民を顕彰−日向市

本紙掲載日:2023-04-04
2面
顕彰式で献花する十屋市長

遺徳しのび、市勢発展誓う

 日向市の名誉市民4人と旧東郷町の名誉町民6人の顕彰式は3日、日向市役所西側の広場であった。十屋幸平市長、黒木高広市議会議長、市区長公民館長連合会の三浦雅典会長ら約20人が出席。郷土の発展に尽力した名誉市民・町民の遺徳をしのび、尊い精神、輝かしい功績に尊敬の念をささげた。

 同市は1951(昭和26)年4月1日に県内6番目の市として誕生。同日が市制施行日と、年度初めの節目にも当たることから、顕彰式を2019年度から復活させ、毎年この時期に開催している。

 式は同広場に並んで立つ名誉市民顕彰碑と、名誉町民頌徳の碑の前であった。全員で黙とうした後、碑の前に設けた祭壇に献花。式辞で十屋市長は「日向市の発展は、名誉市民の情熱、崇高な精神が礎となっている。先人の遺徳をしのび、さらなる市勢発展に向けて鋭意努力を重ねていきたい」と誓った。

【日向市の名誉市民】三尾良次郎=初代、2代市長(1951年5月〜59年5月)▽藤井満義=3、4代市長(59年5月〜65年5月)▽青木市蔵=初代〜4代議長(51年5月〜59年5月)▽児玉袈裟雄=5〜7代市長(65年5月〜77年7月)

【東郷町の名誉町民】新名馬治=3、4、6〜9代村長(1896年10月〜1902年5月・06年5月〜19年2月)▽眇構芍供瓧隠亜■隠餌綢篠后複隠糠3月〜23年12月)▽奈須熊吉=12〜17代村長(24年1月〜41年10月)▽黒木松美=22〜24代村長(55年5月〜67年4月)▽塩月儀市=2〜5代教育長(53年4月〜68年9月)▽小野弘=25代村長、初代、2代町長(67年5月〜69年3月・69年4月〜75年4月)

その他の記事/過去の記事
page-top