【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 300円
▽LL サイズ 1枚 500円
▽A4 サイズ 1枚 1,200円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は500円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 300円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 500円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 1,200円
(ラミネート加工は300円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

マンゴーの収穫始まる−三須町の柳田さん

本紙掲載日:2023-04-04
1面

JA延岡でただ一人太陽のタマゴの生産者

 延岡市三須町のマンゴー農家柳田敏文さん(62)のビニールハウスで今季の収穫が始まった。石田町にあるハウスでは、柳田さんが熟した果実を吟味している。収穫したマンゴーはJA延岡の高野選果場を経て、県内の青果市場に出荷されるほか、一部は「JA延岡ふるさと市場」の店頭にも並ぶ。

 柳田さんはJA延岡管内ではただ一人、県のブランド果実「太陽のタマゴ」の生産者。ブランドの基準である「重さ350グラム以上、糖度15度以上」をクリアする果実を毎年、数多く生産しており、市の「ふるさと納税」の返礼品としても好評を得ている。

 専業農家になって16年。マンゴーの栽培は13年目で、今年は収穫できるようになって10年の節目を迎えた。3棟のハウス(約20アール)での作業は、年間を通じてすべて1人でこなす。「これからは収穫が主な作業になりますが、ピークに向けて数が増えてくると忙しくなります」と柳田さん。

 今年も5月下旬までに、例年並みとなる約4千個の収穫を見込んでおり、同JA農産園芸指導員によると「今年も上々の出来」という。

 柳田さんも「行政やJA、関係機関の方々のご指導とご協力のおかげ。基本を忠実に守りながら、よりおいしいマンゴー作りを心掛けたい」と話していた。「太陽のタマゴ」は今月13日に解禁日を迎える。

その他の記事/過去の記事
page-top