【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 300円
▽LL サイズ 1枚 500円
▽A4 サイズ 1枚 1,200円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は500円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 300円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 500円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 1,200円
(ラミネート加工は300円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

2支援業務を統合−こども家庭サポートセンター

本紙掲載日:2023-04-04
1面
統合して開設した「こども家庭サポートセンター」の看板を掲げる読谷山市長

延岡市が保健センター内に開設

 延岡市は3日、妊娠時から出産、子育てまで切れ目のない伴走型相談支援を行い、児童虐待の未然防止を図る「こども家庭サポートセンター」を市役所2階の市保健センター内に開設した。従来の子育て世帯包括支援センターと子育て家庭相談・支援カウンターを統合。今後は一体的な相談支援を図る。

 主な業務は、妊娠・出産▽子育て▽子どもの発育、発達▽児童虐待▽ヤングケアラー―についての相談など。妊娠時から子育てまで一つのセンターで切れ目のない支援を目指す。

 具体的には、従来の相談支援の取り組みのほか、支援が必要な妊産婦や子ども、ヤングケアラーを含む家庭の支援▽関係機関との調整▽妊娠届から妊産婦支援▽子育てや子どもに関する相談を受けて支援をつなぐサポートプランの作成などのマネジメント▽民間団体と連携しながら多様な家庭環境に関する支援体制の充実・強化を図るための地域資源を開拓し、さらなる支援の充実強化を図る−など。

 開設式には、児童相談所や市保育協議会、児童養護施設、子育て支援センターなど連携して支援を行う関係機関の代表が出席。読谷山洋司市長は、「切れ目がなく、終わりがなく、常に寄り添う形が本当の意味で実現できれば。これまで以上に、受けた相談は地域力全体でバックアップしていきたい」と一層の協力を呼び掛けた。

 これまで、市は2010年度に妊産婦や乳幼児の実情把握、相談支援等を行う子育て世帯包括支援センターを、昨年度に子どもとその家庭等の実情把握や相談支援等を行う子育て家庭相談・支援カウンターを設置して対応してきたが、昨年6月の児童福祉法の一部改正で、組織を一体化することが求められていた。

 新たなセンターには保健師、助産師、社会福祉士、養護教諭などの資格を持つ市職員3人、会計年度任用職員6人が業務に当たる。開設時間は午前8時30分〜午後5時15分。時間外や出張相談など、要望にも応じる。おやこ保健福祉課(箟箍20・7202)。

その他の記事/過去の記事
page-top