【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 300円
▽LL サイズ 1枚 500円
▽A4 サイズ 1枚 1,200円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は500円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 300円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 500円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 1,200円
(ラミネート加工は300円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

お雛様とさげ飾り展始まる

本紙掲載日:2023-04-01
7面
お雛様とさげ飾り展を開いている西郷さげものクラブの皆さん

10日まで−美郷町西郷

◆2日、マルシェも開催

 美郷町西郷の手芸好きな人たちでつくる西郷さげものクラブ(阪本恵美子代表、12人)の「第8回お雛様(ひなさま)とさげ飾り展」が1日から、西郷田代の年の神神社伝統芸能伝習館で始まった。会員の作ったつるし飾りと町内外から贈られたひな人形が、館内の和室と神楽殿を華やかに彩っている。入場無料。10日まで。あすは、同館周辺でマルシェも開かれる。

 農繁期を避けて、旧歴のひな祭りの頃に開いている。コロナ禍で2回休んだが、2014年から始まり10年目。

 初年は7本だったつるし飾りは年々増えて40本になった。まり、扇、フグ、イチゴ、人形、桜などをかたどって、一針一針丁寧に縫ったちりめん細工がつるされている。和傘から、らせん状に球が落ちる飾りもある。和傘は、日本舞踊家が提供した。

 和室の入り口の上の壁には、合作の「ツバキの飾り幕」(幅約1メートル、長さ6メートル)を展示している。昨年5月から12月まで月2回集まって作ったという。

 マルシェは、美郷町地域おこし協力隊の眈詬杙劼気鵑企画した「美郷のおひな様マルシェ」で、あす午前10時から午後3時までの開催。11店舗がハンドメード雑貨、菓子、野菜、コーヒーなどを販売する。

 阪本代表(68)は「10年目に町がイベントをしてくださることになり、(さげ飾り展が)成長したと感じてうれしい。展示物の運搬も手伝ってくださいました」と感謝するとともに「『今年はいつあると』と聞かれることも多く、皆さんが楽しみにしてくれていると実感しています」と話し、多くの来場を呼び掛けた。

 会場周辺をはじめ美郷町内の桜は31日現在、満開から散り始めといったところ。会場までの道中の景色も楽しめる。

 さげ飾り展は、期間中毎日午前10時から夕方まで。ただし最終日は午前中まで。問い合わせ先は町観光協会(簇郷68・2522、火曜日は休み)。

その他の記事/過去の記事
page-top