【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 300円
▽LL サイズ 1枚 500円
▽A4 サイズ 1枚 1,200円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は500円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 300円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 500円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 1,200円
(ラミネート加工は300円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

牧水短歌題材の書を展示

本紙掲載日:2023-03-30
6面
若山牧水記念文学館で開催中の「榎倉香邨遺作展」

4月30日まで榎倉香邨遺作展

◆若山牧水記念文学館−日向市東郷町

 日向市東郷町坪谷の若山牧水記念文学館(伊藤一彦館長)で企画展「榎倉香邨(えのくらこうそん)遺作展」が開かれている。4月30日まで。

 榎倉さんは1923年、兵庫県生まれ。牧水短歌を書で表現することをライフワークとし、日本芸術院賞や日展文部大臣賞など多数の受賞歴がある現代最高峰のかな書道家。100歳での個展開催を目指していたが、昨年1月に98歳で死去した。

 会場には、根本海岸(千葉県)の写真を背景としたパネルに、牧水の代表作「白鳥は哀しからずや空の青海のあをにも染まずただよふ」など18首を書き記した色紙を貼り付けた「根本の春」のほか、幅約4・2メートル、高さ約1・5メートルの六曲びょうぶ「黒髪」、歌人の俵万智さんとのコラボ作品「海哀し」など榎倉さんが同館に寄贈した11点と、榎倉さんが作品に使用した牧水書2点「幾山河」「わが庭の」も特別展示している。

 同文学館は、「榎倉先生は牧水ゆかりの地を訪ね、歌の世界を理解した上で書に向き合う人だった。神工鬼手と称される至高の世界を堪能してもらえれば」と同文学館。

 展示時間は午前9時〜午後5時(入館は同4時30分まで)。休館日は毎週月曜日。入館料は小・中学生は100円、高校生以上310円。20人以上の団体は2割引き。

 問い合わせは同文学館(筍娃坑牽押Γ僑検Γ坑毅隠院砲泙如

その他の記事/過去の記事
page-top