【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 300円
▽LL サイズ 1枚 500円
▽A4 サイズ 1枚 1,200円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は500円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 300円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 500円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 1,200円
(ラミネート加工は300円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

震度7発生、屋上へ一斉に

本紙掲載日:2023-03-24
3面
方財小の屋上に避難する地域住民たち

方財町と方財小が合同防災訓練

 日向灘に面し、五ケ瀬川、大瀬川、北川、祝子川の河口にある延岡市の方財町は12日、方財小学校(内藤功校長、27人)と連携して合同防災避難訓練を行った。地域の人、児童と保護者ら約180人が同時に避難。南海トラフ巨大地震への意識を高めた。コロナ禍もあり、合同訓練は3年ぶり。

 避難場所は方財小学校、ほうざい保育園、観音寺の3カ所。震度7の東南海地震が発生したとの想定で、町内に災害発生を知らせるアナウンスが流されると、子どもからお年寄りまでが、近くの避難場所を目指して一斉に避難した。消防団車両が町内を巡回し、区の役員も誘導灯などを使って、各所で誘導した。

 このうち方財小学校に避難した町民は非常用階段を上って、校舎と体育館の屋上へ駆け上がった。屋上からは、一帯と海岸線、市街地の景色が一望でき、住民たちは改めて、危機意識と一刻も早い避難の重要性を確認した様子だった。

 その後、同校運動場では、児童の保護者で看護師の日睿柁さんと島田紫(ゆかり)さんが、骨折の処置、対応などを講習。また、地元消防団がプールの水をくみ上げ、車載のホースから放水する消火作業を実演した。

 同小2年の濱月飛真さん(8)は「改めて避難する時の道を理解することができた。屋上はすごく高かった」。母親のひかるさん(33)は「災害はいつ起こるか分からないので、こうした訓練が行われることは、親としてもありがたい」と感想。

 同小の内藤校長は「地域住民と合同で避難することで、児童もより危機感を持って訓練できたと思う。最近は、地域との合同行事が少なくなっていたので、コロナの規制緩和を機に少しずつ行事も増やしていければ」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top