【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 300円
▽LL サイズ 1枚 500円
▽A4 サイズ 1枚 1,200円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は500円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 300円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 500円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 1,200円
(ラミネート加工は300円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

タマネギ栽培学ぶ・収穫

本紙掲載日:2023-03-16
8面
三雲さんからタマネギ栽培についての話を聞く参加者
タマネギの収穫を体験する参加者(右)と、指導する三雲さん

農業従事者確保へ体験会


 実際に農業を体験し関心を持ってもらうことで将来の農業従事者を確保しようと、延岡市農業労働力確保対策協議会(日盥則会長)は10日、第2回お試し就農「たまねぎ農業体験会」を延岡市沖田町で開き、市内から10人が参加して収穫作業などを体験した。

 この日は、地元の農家三雲治男さん(80)が受け入れ、タマネギ栽培について講話した。

 8月上旬から苗床の準備作業を始め、トラクターで整地をする際は水分が少ないタイミングを見計らう必要があると説明。整地後は土が乾燥しないうちに畝を立て滅菌剤と雑草発芽防止の薬剤を散布した後、消毒用ビニールシートを全面に敷き、20〜30日ほど待って種をまくことを伝えた。参加者は手元の資料を見ながらメモを取るなどしていた。

 この後、三雲さんが所有する畑(133アール)の一角で収穫体験。参加者は三雲さんに教えてもらいながら、葉の部分をしっかりと手でつかみ力を込めて引き抜いた。収穫したタマネギはコンテナで運び、葉を折らないように注意しながら1玉ずつ洗って泥を落とした後、根をはさみで切り落とした。

 家庭菜園が好きだという岡富町在住の60代女性は、「自分で作った野菜を料理して食べるのが趣味。また一から農業のプロに教えてもらえたので、今年は上を目指してタマネギを苗ではなく種から育てたいと思う」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top