【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 300円
▽LL サイズ 1枚 500円
▽A4 サイズ 1枚 1,200円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は500円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 300円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 500円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 1,200円
(ラミネート加工は300円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

高平山を舞台にトレイル&ラン

本紙掲載日:2023-03-15
8面

第1回大会・県内外72人が参加−延岡

 第1回高平山ロード&トレイルランは5日、延岡市の大野町運動公園を発着点に約19・5キロのコースで行われ、県内外から参加した72人が春の景色を楽しみながら山岳レースに臨んだ。

 主催はNPO法人16日リートタウンのべおか(森山慎作理事長)。森林資源の保全と活用、高平山周辺地域の活性化などを目的に初めて開催した。

 開会式で、森山理事長が「手探りの中、多くの方のおかげで開催することができた」と感謝し、「この大会が皆さんのランナー人生の充実、高平山の観光振興、16日リートタウン延岡の発展につながれば」と期待を込めた。

 特別賞の表彰もあり、最高齢者に贈られるトップハイエイジ賞は日向市の柳田直人さん(73)が受賞。これまでたくさんのロードレースに出場してきたという柳田さんは「大変光栄。これからも一日一日を大切に走っていきたい」と喜びを口にした。

 レースは午前8時30分にスタート。10秒前から全員でカウントダウンし、号砲とともにランナーが一斉に駆け出した。大野町のオリンピアロードから鹿狩瀬町の作業道に入り南方方面へ。林道小峰線を経て高平山(標高407メートル)山頂から登山道、宇和田町、オリンピアロードを経て運動公園に至る約19・5キロ、アップダウンの累積標高約700メートルのコースに果敢に挑んだ。

 レース後の閉会式では、男女上位3位までを表彰。トロフィーのほか、名物のお菓子や地元産の焼酎など豪華賞品を贈った。

◇初代王者「狙っていた」−河野さん・ハプニングも快走

 トップでゴールを切ったのは、河野源さん(26)=延岡市北川町=。2位に2分以上の差をつける力走で初代チャンピオンの座を手にした。

 市民ランナーとして走り続けており、フルマラソンは2時間36分の自己ベストを持つ。

 スタート直後から先頭集団に位置。途中、コースの間違いに気付き、約2キロ余計に走らなければならないハプニングにも見舞われたが、「コースロスしても逆転優勝できたらかっこいい」。

 自分に言い聞かせてギアチェンジすると、林道から高平山を目指す辺りで再び先頭に浮上。最後のロードでは首位をひた走った。

 「係の人を見つけては、自分より先行する走者がいないか、確認しながら走っていた。ぶっちぎりというより、ギリギリでしたが、地元の大会だし初代優勝狙っていたので良かった。来年も参加したい」と笑顔を見せた。

◇女子トップは宮崎市の吉野さん

 女子の初代王者は宮崎市から参加した吉野みどりさん(49)。市民ランナーとして15年のキャリアがあり、大会の運営に当たったユニバーサルフィールドの大会には何度か出場したことがあるという。

 ロードもミックスされたレースは初めてだったが、起伏に富んだコースをものともせず、最後まで気持ち良く走れたという。

 「ほかにもいろいろな大会があるが、コース、景色も良く、スタッフの皆さんのおかげで楽しむことができた」と振り返り、「来年はお友達を連れて参加できれば」と話していた。

男女上位10位までの成績と特別賞受賞者は次の通り(敬称略)。

【男子】_鰐邯察糞楮蝓烹瓜間38分46秒∋安霈湿諭米院烹瓜間41分21秒FE膺妓磧米院烹瓜間45分27秒だ湘朕哉(同)1時間46分34秒ゾ湘沈欺咫米院烹瓜間49分55秒δ考Ю杵臓米院烹瓜間51分25秒富田実夫(同)1時間53分28秒┯綟2躓(大分)1時間54分43秒富井栄一(宮崎)1時間54分49秒豊福勇(同)1時間55分22秒

【女子】ゝ般遒澆匹蝓糞楮蝓烹音間18分11秒鬼束清美(同)2時間22分13秒斉藤千春(同)2時間46分2秒。

【トップハイエイジ賞】柳田直人(宮崎)。

【ハイエイジ賞】鈴木敏昭(宮崎)佐藤昭一(同)富田実夫(同)甲斐博(同)山田智道(同)。

【トップエントリー賞】林田考功(熊本)。

【遠来賞】印丸和徳(福岡)杉原一明(同)。

その他の記事/過去の記事
page-top