【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 300円
▽LL サイズ 1枚 500円
▽A4 サイズ 1枚 1,200円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は500円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 300円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 500円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 1,200円
(ラミネート加工は300円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

4日に発表公演「あのころがっこう」

本紙掲載日:2023-03-01
6面
濱沙さん(左手前)を講師に、けいこに励む演劇ワークショップ「かどがわ演劇の広場」の受講生

草川小モチーフに−かどがわ演劇の広場

 門川ふるさと文化財団が取り組む演劇ワークショップ「かどがわ演劇の広場」の発表公演「あのころがっこう」が4日午後7時から、門川町総合文化会館で行われる。来場を呼び掛けている。

 同ワークショップは2011年に「こども演劇講座『劇団かどっこ』」として開講。劇団こふく劇場団員の雕孜濤─覆呂泙垢福Δ燭ひろ)さん(43)を講師に、毎年度受講生を募集し作品を発表している。

 「あのころがっこう」は、同町の草川小学校をモチーフにした雕擦気鵑僚颪下ろし作品。ある廃校の音楽室を舞台に、校舎の取り壊し工事や「午後3時33分33秒にミの音を鳴らすと願いがかなう」と伝わるピアノをめぐり、卒業生や工事担当者、役場職員、さらには幽霊や妖怪も現れて、物語は不思議な世界へ。かつて同小学校で実際に使われていたピアノも登場する。

 今年度は同町、日向市などから小学生−高校生を中心に60歳代まで15人が受講。昨年6月に開講し、現在、本番に向けてけいこに励んでいる。

 「ここには正解も失敗もない。自分の気持ちやイメージを膨らませ、演出を通して『私はこうしたい』という衝動を引き出していけたら」と雕擦気鵝神隠しにあった子どもの役を演じる五十鈴小3年の伊東岳さん(9)は「元気よく頑張りたい」と意気込む。

 チケットは全席自由、500円。クリエイティブセンター門川で販売している。

 問い合わせは同文化財団(簗臉遑僑魁Γ娃娃娃押砲泙如

その他の記事/過去の記事
page-top